生理前は胸ニキビができやすい

生理期間前は胸ニキビが生じやすくなると言われています。
ホルモンバランスが崩れやすくなる事が要因ですから、
特に危険があるわけではありません。

 

ただ、胸ニキビが生じて良い気分になる人はいないでしょうから、
原因と治し方をきちんと抑えておきましょう。

 

 

生理期間前に胸ニキビができやすくなる原因

「排卵〜生理期間の半ば」程度までは、
黄体ホルモン(女性ホルモン)が出やすくなります。
このホルモンには皮脂を出やすくさせる働きがあるので、
皮脂腺が多い、顔、胸、背中にニキビが生じやすくなるのです。

 

また、黄体ホルモンは、皮脂だけでなく身体面や精神面に色々な影響を与えます。
まず。肌が普段よりも弱くなってしまう場合があります。
そして、そのような体質の方は、衣服との摩擦などでさえ刺激になり、
胸ニキビの発生・悪化の原因になってしまうので注意してください。

 

 

ホルモンバランスを整えよう

以上のような流れで胸ニキビが生じたり悪化したりします。
つまり、ホルモンバランスを整える事くらいしか、
生理期間前の胸ニキビの治し方として有効なものはないという事ですね。

 

そして、黄体ホルモンが出やすくなっているホルモンバランスについては、
エステロゲンを摂取する事で整えていく事ができます。
大豆イソフラボンは、エステロゲンと似たような働きを示すので、
積極的に摂取していきましょう。

 

 

また、ホルモンバランスを整えるためには、
生活のリズムを安定させる事が大前提になります。

 

胸ニキビをはじめとする大人ニキビの大元の原因の大半は、ストレス過多、
寝不足、食習慣の乱れなどにあり、それによってホルモンバランスが乱れ、
肌のコンディションが悪くなって生じてしまうのです。

 

ですから、ストレスを適度に発散して、規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

また、もちろん生理期間の間際になってからこれらの事を頑張り始めても、
あまり結果には繋がりません。
生理期間に関係なく、普段から色々と気を付けていくことが
胸ニキビなどを和らげる事に繋がります。
いちご鼻 治し方