汗がニキビを悪化させるのか?

ニキビについての俗説はたくさんありますが、
医学的裏付けのないものもかなり混ざっています。

 

その中には「発汗によりニキビが悪くなる」というものもありますが、
これも勘違いしやすいものだと思います。

 

ニキビの菌は皮脂であり汗ではない

アクネ菌はニキビの要因菌であり、毛穴を閉塞させている皮脂を好みます。
これは有名ですから、皮脂ケアに取り組んでいる方はたくさんいると思います。

 

ですが、皮脂と汗をまぜこぜに捉えてしまっている人もいます。

 

発汗すると、確かにベタベタする場合がありますが、
これは皮脂が汗に浮いてしまう事が原因であり、
汗に油分が多いわけでも、特に皮脂がたくさん生成されているわけでもありません。

 

汗には確かに皮脂分が入っていますが、
そもそも皮膚には皮脂が一定の分量あるわけですから、
ニキビを酷くするほどの影響は与えません。

 

冬の方が夏に比べてニキビができやすい

皮脂の生成量が増える思春期などは別ですが、
大人ニキビは、冬の方が夏に比べてできやすいという傾向があります。

 

これは、乾燥が原因で皮膚の免疫能力が衰え、
ニキビの要因菌であるアクネ菌によるダメージへの抵抗力が低下しているからです。

 

また、汗には体温調整だけでなく、肌の湿度を一定にキープするという役目もあり、
発汗しない事が原因で、むしろニキビが発生しやすくなる場合もあります。

 

ですから、発汗の機会が少ない日々を送っている方ほど、
適切な保湿を行わないとニキビができやすくなってしまいます。

 

汗ケアは重要

ですが、適度に発汗できていてもニキビになるケースはあります。

 

汗を拠り所にして殖える常在菌の内には、肌にダメージを与える菌も存在します。
それらの菌が良くない事をしたために、皮膚が荒れたり悪臭を放ったりする場合もあるのです。

 

このような皮膚への負担が原因で、いつもなら何でもないような刺激にも
身体が敏感な反応を示して、ニキビが発生する恐れがかなりあります。

 

発汗を防いでもニキビは防止できませんが、
汗ケアはきちんと実行しなければ、それが間接的にニキビの引き金になる事があります。
汗ケアを適切に進めて、ニキビ対策、体調管理、マナー対策を同時に実践しましょう。
胸ニキビの治し方