胸ニキビ 治し方

消毒液でニキビを治せるか?

消毒液でニキビを治せるか?

ニキビは多くの人が経験しているので、いくつかの民間療法がありますが、
医学的な見地から見ると問題があるものもありますから
鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

 

ニキビを民間療が治せるという民間療法のひとつに、
消毒液を塗れば治るという説がありますが、ここでニキビができる原因を踏まえて、
この説についてみることにします。

 

 

まずはニキビができる原因を知る

ニキビの間接的な原因は皮脂とアクネ菌で、皮脂を栄養分にするアクネ菌が増殖すると、
直接的な原因である遊離脂肪酸という物質をつくり出します。
この遊離脂肪酸が肌を刺激すると炎症が起きてニキビができます。

 

通常ではアクネ菌はそれほど多くはなく、肌が健康な状態であれば、
肌の免疫力で繁殖を抑えることができます。
しかし乾燥などで肌が弱り、皮脂が増えるとアクネ菌が繁殖しやすい環境になり、
その結果ニキビができます。

 

 

消毒液でアクネ菌の殺菌は可能

炎症を起こしているニキビに消毒液を塗布すると、アクネ菌を殺菌するので、
炎症が鎮まりニキビが治るというのが、ニキビ治療に消毒液が効果的という説の論理です。

 

確かに抗炎症作用と殺菌効果がある消毒液ならこのような効果は期待できそうです。

 

ただし多くの場合このような方法はニキビを一時的に鎮めるだけだとも言われます。
その理由はアクネ菌が皮膚の常在菌であることす。
すなわち消毒液で一時的にアクネ菌を殺菌しても、消毒液の効果が無くなると、
皮膚の環境次第ではまたアクネ菌が増殖します。

 

 

やはりニキビにはニキビ治療薬が良い

このように確かに消毒液でニキビを治すことは可能です。
しかし根本的な治療ではないので、やはりニキビ治療薬を使うほうが良いようです。

 

多くの場合、ニキビ治療の塗り薬には抗生剤が含まれていて、
アクネ菌による皮膚刺激に対する皮膚の抵抗力を高める効能があります。

 

なお、ニキビ治療で肝腎なことは、できてしまったニキビを治すだけではなく、
ニキビができない肌の状態を維持することです。

 

したがって、皮膚の常駐するアクネ菌が活発に増殖しないように
常に皮膚を清潔にして皮脂が毛穴に詰まらないようにする正しいスキンケアと、
規則正しい生活サイクルと栄養バランスがとれた食事が大切になります。

 

消毒液でのニキビ治療はあくまでも一時的な処置であり、
ニキビができないような肌のケアが大切なのです。