デコルテニキビ・胸ニキビ治し方を解消しよう

大人になれば、結婚式やパーティーの場でドレスを着る機会もあります。
華やかなドレスは、デコルテの美しさも目を引くポイントになりますが、
胸やデコルテにニキビがあると、思わずガッカリしてしまいます。
胸ニキビ・デコルテニキビの治し方として、ピーリングは手軽で有効な方法です。

 

ピーリングというのは簡単に言ると、肌の表面を薬剤などによってはがす方法です。
ピーラーという台所用品があると思いますが、皮をむく道具ですよね。
そのように、肌の表面を皮をむくように剥がしてくれるのです。

 

 

肌表面の古い角質が落ちると、肌の内側で新陳代謝が促されて、
新しい肌細胞が作られて肌の表面に出ていくようになります。
これが肌のターンオーバーと言われるものですが、この働きによって、
ニキビや肌トラブルは回復していくようになっています。

 

ピーリングはこのターンオーバーを促すことを目的として行う治療法であり、
美容クリニックなどの医療機関でも行われている他、
一般用のピーリング剤やピーリング効果を持ったコスメも市販されています。

 

もちろん、医療機関で使われるものと一般用とでは効果も違いますが、
使い方を謝ると皮膚への刺激が強すぎて肌トラブルの元になりますから、
正しい使い方をすると共に、自分の肌質や薬剤への知識が不可欠となります。

 

 

もしもピーリングを行って、かゆみや赤みなどのトラブルが生じた場合は、
早めに専門医を受診するようにしましょう。

 

ピーリング後は、肌が刺激に弱くなっていますから、
肌に優しい化粧水などでしっかり保湿し、新陳代謝を促す成分を含んだ
美容液などで栄養補給してあげることが成功の秘訣です。

 

ニキビへの即効性を期待できるものではありませんが、
肌のよみがえりを実感できるのは比較的早い方法だと思われます。

胸やデコルテにできたニキビを治すポイント

着用するファッションによっては目立つのが胸やデコルテで、
そこにニキビができると困りますが、この部分はニキビができやすいのです。
ここでは胸やデコルテにできたニキビを治す、あるいは予防するポイントを紹介します。

 

 

ポイント1:衣類の肌への刺激に注意する

胸やデコルテの部分は衣服や下着との摩擦で刺激を受けますし、露出していると紫外線の刺激を受けます。
化学繊維などの衣類は肌を刺激するので肌が荒れますし、
紫外線が肌を刺激することは医学的にも証明されています。

 

衣類での肌への刺激はニキビができる原因になりますから、
第1のポイントは衣類による刺激を最小限に止めることです。
そのためには刺激性の強い化学繊維よりも肌に優しい天然素材の衣類を着用し、
通気性を考えて、タイトな下着や衣類よりもゆったりしたものにすることが大切です。
胸やデコルテにニキビができやすく、治りにくい理由のひとつは、肌への刺激だと覚えましょう。

 

 

ポイント2:正しい肌の洗い方を習慣づける

汗を出す汗腺と皮脂を分泌する皮脂腺は胸やデコルテ、あるいは背中に多くあります。
汗腺や皮脂腺が多いということは、汗や皮脂の分泌物が肌の毛穴に詰まりやすいことで、
毛穴に詰まった老廃物がニキビを発生させることになります。

 

したがってこれらの部分を常に清潔に保つことはニキビ予防に効果がありますが、
注意しなければならないのは、肌を清潔にするためにゴシゴシと肌を擦ることです。
身体を洗う時に洗浄力の強いボディソープを使ったり、
肌を刺激するナイロンタオルなどを使うと、肌が本来必要とする皮脂も落としてしまい、
肌が乾燥し過ぎ、感想を防ごうとする本能的な作用で皮脂の分泌が増えることがあります。

 

第2のポイントは綿素材など肌に優しいものを使って、
正しく力を入れないで優しく洗うことと、洗い残しがないようにすることです。

 

 

ポイント3:肌の抵抗力を強化する

ニキビができる理由はいくつかありますが、そのひとつは肌がニキビ菌(アクネ菌)の刺激に耐えられないからです。
したがって肌の抵抗力が強ければニキビはできにくくなりますが、
たとえば疲れている時、ストレスが過剰な時、または睡眠不足や栄養不足などだと、
肌の抵抗力が低下して、ニキビができやすく、治りにくくなります。

 

第3のポイントは、肌の抵抗力を強化するには、正しい生活習慣と栄養バランスの整った食事です。
肌のターンオーバーが正常であれば、肌はきれいになりますし、
肌のバリア機能が強化されるので、ニキビができにくくなります。

 

 

ポイント4:日常生活での癖に注意する

胸やデコルテとは限らず、ニキビができる原因に日常生活での癖があり、それは無意識に肌を指で触ることです。
ニキビかな?と思うとつい手や指でそこを触りたくなりますし、肌が乾燥して痒みを感じるとそこを掻いたりします。

 

手や指はきれいにしているともりでも雑菌がたくさん付いていますから、
雑菌が肌に付着して、ニキビができたりします。

 

また、荷物を胸元で抱える癖や、うつぶせで寝ると胸やデコルテの通気性が悪くなり、ニキビができやすくなります。
無くて七癖で、癖は誰にでもありますが、ニキビをつくるような癖に注意することが第4のポイントです。

 

このように胸ニキビの治し方の基本は、日常生活でニキビに対するケアを、できることから実践していくということです。

 

更新履歴